« ドイツ・ベルリン自由大などのチーム | トップページ | マツダ、火災した工場を年明けにも部分再開 »

2004年12月24日 (金)

IEとWMP9に脆弱性

 書いたっけかな?書いていないようなので・・
 Internet Explorerと、Windows Media Player 9に脆弱性が見つかっています。
 IEの脆弱性は、
・「インターネット」ゾーンのセキュリティレベルを「高」に設定してActiveXが実行されないようにする。
・「レベルのカスタマイズ」から「アクティブ スクリプト」を「無効にする」,あるいは「スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveX コントロールのスクリプトの実行」を「無効にする」
に設定すれば回避出来ます。
もちろん、WebブラウザをIE以外にする事も有効です。

 Windows Media Player 9の脆弱性もIEのActiveX関係で、IEからActiveXの機能でWMP9を呼び出すところで脆弱性があります。
回避方法は、IEの脆弱性の回避と同じ、もしくは、WMPを9から10にアップグレードする事で回避出来ます。

 なお、IEのActiveXの機能を使えなくすると、IEからWindowsUpdateの利用出来なくなる・・と思うので、普段利用するWebブラウザは、IE以外にしておくというのが一番だと思います。
●関連記事
Windows Media Player 9にセキュリティ・ホール,最新版バージョン10で解消(2004/12/21)(IT Pro)
『IE』に新たな脆弱性、XSS 攻撃を可能に(2004年12月21日)(Japan.internet.com Webテクノロジー)
●関連URL
Windows Media Player 10(マイクロソフト)

|

« ドイツ・ベルリン自由大などのチーム | トップページ | マツダ、火災した工場を年明けにも部分再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2358302

この記事へのトラックバック一覧です: IEとWMP9に脆弱性:

« ドイツ・ベルリン自由大などのチーム | トップページ | マツダ、火災した工場を年明けにも部分再開 »