« 疲弊するエンジニア | トップページ | 人の起源に新発見? »

2004年11月19日 (金)

WindowsXPSP2のNTFSにメモリリーク

 STOPエラーが発生している場合、疑った方が良いですね。
 管理ツールのイベントビューアを定期的に確認しましょう。
●関連記事
Windows XP SP2で修正されるNTFS機能にメモリ・リークのバグがあり、メモリが枯渇してSTOPエラーが発生する不具合がある。(2004年11月19日版)(@IT Windows HotFix Briefings )

|

« 疲弊するエンジニア | トップページ | 人の起源に新発見? »

コメント

 決心してさっきSP2をインストールしました(前にパソコン屋でCD-ROM付小冊子を入手済)。
 何事もなくインストール終了したんですが……なぜかインターネットにつながらない。見るとルータのステータスランプの点滅が消えないのです(正常に終了したら消える)。ファイアウォールとかのせいかと思い、停止してもだめ、新しい接続等を試しても駄目、IEを起動すればプロキシの設定中などというコメントが出るだけですぐオフラインに。
 ルータにもアクセスできないので(ルータ再起動も何度もしたが)、もしやルータがいかれたか?と思いましたが(TOWNSでアクセスしようとしてもできなかった)、どうしようもなくなったのでSP2をアンインストールしルータも再起動したら、元通りになりました──なんでやねん。
 SP2がルータになにしたってんだー。

投稿: やずみ | 2004年11月23日 (火) 23時49分

 やずみさん、コメントありがとうございます。

 SP2の適用に失敗しましたが、ドライバー類のバージョンとSP2への適用状況は確認されましたか?
特に、イーサネットのカードのドライバーが悪さしているようにも見えますけど。
事前の情報収集した結果をもう一度確認し直してはいかがでしょうか?

 ともかく、SPの適用はリスクがあるので、Windows2000のSP5が無くなり、パッチ集となったのは、個人的には歓迎していたりします。

投稿: 神子秋沙 | 2004年11月30日 (火) 22時57分

 んと、昨日また試したら、今度はうまくいきました。お騒がせしました。
 前回と違うのは、先にウィルスバスター2005を入れたこと。前回はSP2を入れたあとに入れてみたけれど、今回は元に戻したついでにSP1状態でウィルスバスター2005を入れてたのです。

 その後再びSP2を入れてみたら普通に接続できるようになってました。というか悪評の高いSP2のセキュリティセンターが普通に立ち上がらず、ウィルスバスター2005だけバーに表示されてましたので、なんかやはりセキュリティセンターか付属のファイアウォールが悪さしてたみたいです。セキュリティセンターはうっとうしいのでその後無効にしておきました。

 てなわけでSP2は無事はいったわけですが、どう違うっていうほど使用感に違いはないですねぇ。あれか、ムービーメーカーがv5.1になったことくらいでしょうか(笑)

投稿: やずみ | 2004年12月 1日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2003033

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPSP2のNTFSにメモリリーク:

« 疲弊するエンジニア | トップページ | 人の起源に新発見? »