« 欧州初の月探査機が月周回軌道に到達 | トップページ | NASA無人ジェット機X43Aがマッハ約10を記録 »

2004年11月18日 (木)

遂にマツタケの人工増殖で豊作

 すごいです。地上に生える菌根菌の類は人工育成はとても難しいとされていて、「しめじ」「まつたけ」の人工栽培は事実上不可能と言われていただけに素晴らしい快挙です。
 今後、商業化に大期待!

 因みに、しめじが店頭で売られているときは「本しめじ」、ただのシメジとして売られていたのは大抵はヒラタケの人工育成の物、名前を偽っていると非難を浴びてブナシメジと言う名称を創作して売るようになっています。
●関連記事
マツタケ、人工増殖で初の豊作--米沢の研究家と山形大教官が共同研究 /山形(2004年11月16日)(MSN-Mainichi INTERACTIVE 田舎に行こう)
マツタケ増殖、実現に一歩前進 山形の研究家ら成果(11/22 06:20)(asahi.comサイエンス)
●関連URL
マツタケ/北日本活菌茸研究所

|

« 欧州初の月探査機が月周回軌道に到達 | トップページ | NASA無人ジェット機X43Aがマッハ約10を記録 »

コメント

マツタケについては実物を見ていないのでコメントを避けますが、このページの「因みに」以下はちょっとひどい。ブナシメジはHypsizigus marmoreus (Peck) Bigelowの標準和名ですし、ヒラタケPleurotus ostreatus (Jacq.: Fr.) Kummerの栽培はブナシメジの台頭に伴い一時よりずいぶん減少したため、季節にもよりますが店頭でそれほど頻繁には見かけなくなりました。ホンシメジについても…あとはご自分で調べてみて下さい。きのこ関連には「と」がいっぱいなので引っかからないように。

投稿: Jubilee | 2004年12月 7日 (火) 10時34分

 Jubileeさん、こんにちは。コメント・ご指摘ありがとうございます。

 ブナシメジについては、完全に勘違いしていました。こういう種類のキノコがあるんですね。でも、これもシメジの仲間ではないのか。。

 取り敢えず、近くのスーパーでシメジとヒラタケの名の付く物を購入してきました。

・JA全農長野 JAながの 「ぶなしめじ」 100円
 http://www.nn.zennoh.or.jp/tokusan/kinoko.htm
・JA全農みえ JA松阪 「三重しめじ(ひらたけ)」 128円
 http://www.jamie.or.jp/
・JA秋田おばこ 「秋田ひら茸」 158円
 http://www.ja-obako.or.jp/

 ホンシメジが一つもない・・ブナシメジは明らかに、三重しめじ(ひらたけ)よりも傘が丸く茎がしっかりしています。ひら茸は、三重しめじよりも、傘が平らで茎が非常に太くしっかりしています。
一通り写真を撮ったら夕飯のオカズにします。

●関連URL
○(社)農林水産技術情報協会
 http://www.afftis.or.jp/index.html
・野生きのこの世界
 http://www.afftis.or.jp/kinoko/kinokoindex.htm
・ホンシメジ キシメジ科シメジ属
 http://www.afftis.or.jp/kinoko/224.htm
・ヒラタケ ヒラタケ科ヒラタケ属
 http://www.afftis.or.jp/kinoko/232.htm
・ブナシメジ キシメジ科シロモギタケ属
○所さんの目がテン!(日本テレビ)
 http://www.ntv.co.jp/megaten/
・探せ本物の味 シメジ !第758回 2004年11月28日
 http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/04/11/1128.html

投稿: 神子秋沙 | 2004年12月 7日 (火) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1992431

この記事へのトラックバック一覧です: 遂にマツタケの人工増殖で豊作:

« 欧州初の月探査機が月周回軌道に到達 | トップページ | NASA無人ジェット機X43Aがマッハ約10を記録 »