« セキュリティ対策、判らない人が大多数 | トップページ | おからこんにゃく リカロ »

2004年11月22日 (月)

AK47の開発者の悲しみ

 ミハイル・カラシニコフ氏の「中国などがライセンス切れにもかかわらず、AKの製造を続けている。それが紛争地に出回り、AKの評価を落としているのは悲しいことだ」とのコメントは、中国に対する見方がどうしてもネガティブな物になってしまいます。
●関連記事
「紛争地に自分の銃、悲しい」自動小銃AK47の開発者(11/21 07:30)(asahi.com国際)
模倣品対策、日中が共同で 政府、電子電機業界(11/20 22:45)(asahi.com経済)

|

« セキュリティ対策、判らない人が大多数 | トップページ | おからこんにゃく リカロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/2030278

この記事へのトラックバック一覧です: AK47の開発者の悲しみ:

« セキュリティ対策、判らない人が大多数 | トップページ | おからこんにゃく リカロ »