« お風呂で読める文庫本が発売開始「耐水性本」 | トップページ | 電子カルテ、導入の中止が続々 »

2004年10月17日 (日)

CATVタダ見機器の横行

 CATVのスクランブル放送(有料)をタダで見てしまうと言う機器の話題が最近騒がれています。
このような機器に関しては、数年前から一部の人には知られていました。まぁ、眉唾的に止め人が多かったですが・・
# 全てのCATVが見れるというわけではないようです、専用のチューナーを必要とするCATV会社では駄目らしい。

 このスクランブルを解除する機器は、利用目的を「研究・実験目的」としていて違法性はないという建前で販売しています。が、実際はタダ見目的に購入していく人が多数なので、、、大体1万円後半から機能がアップと3,4万程度で手に入ります。
秋葉原では個人商店が普通に売っていました。

 これに対してCATV会社は警告を行う一方、法規制を求めているようです。

 でも、これだけではどうしようもないので、CATV会社は出来るだけ早くデジタル化を進めようとしているようです。
秋沙の住む地域も、CATVのカバーエリアなのですが、デジタル化を売りにした売り込みを積極的に行っているようです。
現在の所、デジタル放送のタダ見機器は存在しませんので。
●関連記事
CATV“ただ見”横行(10/17 07:00)(NIKKEI NET 社会)

|

« お風呂で読める文庫本が発売開始「耐水性本」 | トップページ | 電子カルテ、導入の中止が続々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1700360

この記事へのトラックバック一覧です: CATVタダ見機器の横行:

« お風呂で読める文庫本が発売開始「耐水性本」 | トップページ | 電子カルテ、導入の中止が続々 »