« 超新星爆発が280年前の地球の気候変動の引き金の可能性 | トップページ | OpenOffice.org 1.1.3リリース »

2004年10月27日 (水)

Apple QuickTime 6.5.2リリース

 脆弱性の修正、機能アップがされているそうです。
 ダウンロード時にニュースの購読が欲しいときは、Mail Addressの登録が必要ですが、チェックを全て外せば何も入力せずにダウンロードできます。

 ところで、起動時に有無を言わさず常駐してしまう仕様は修正された・・とは聞かないですね。。既にインストールしている人はアップグレードすると良いでしょう。
そうでなければ、必要になるまでインストールは待った方が良いかも。
●2004/10/29追記
 日本語版は未だ提供されていないそうです。
 本当だ、バージョンが上がっていなかった、アップデート掛けけたら何かしらアップデートされていたので勘違いしていました_(._.)_
●関連記事
Apple、QuickTime 6.5.2を公開(2004/10/27 08:31)(ITmediaニュース)
「iTunes」同梱の「QuickTime」v6.5.2 日本語版では2つの脆弱性が修正済み (04/10/28 19:15)(窓の杜)
 「QuickTime」v6.5.2の日本語版は現在単体では公開されていない
●関連URL
QuickTime無償プレーヤーのダウンロード(Apple)

|

« 超新星爆発が280年前の地球の気候変動の引き金の可能性 | トップページ | OpenOffice.org 1.1.3リリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1789671

この記事へのトラックバック一覧です: Apple QuickTime 6.5.2リリース:

« 超新星爆発が280年前の地球の気候変動の引き金の可能性 | トップページ | OpenOffice.org 1.1.3リリース »