« 大英図書館、シェークスピア作品の高画質画像をネットで公開 | トップページ | デジタルをアナログで録音し直す »

2004年9月15日 (水)

IBMの音声認識ソフトウェアがオープンソース化

 音声技術で、Operaに提供したり、攻勢を強めていますね。
 他のメーカでは、MS SASDK or SAPI は、 windows + VC があれば、フリー。Intelも音声認識ソフトウェア(AVSR)をオープンソース化、日本でも大規模連続音声認識エンジンJuliusがオープンソースソフトウェアとして開発されています。
●関連記事
IBM、音声ソフトをオープンソース化(2004/09/14 09:28)(ITmedia エンタープライズ)
IBM、音声ソフトをオープンソースコミュニティに寄贈(2004年9月14日)(Japan.internet.com Webビジネス)
IBM、音声認識技術をオープンソース団体に提供(2004/09/14 17:19)(INTERNET Watch)
IBMの音声認識ソフトウェアがオープンソースに(2004/9/14)(MYCOM PCWEB)
●関連URL
IBMが自社の音声認識ソフトウェアをオープンソース化(Tuesday September 14, @02:34AM)(Slashdot Japan)
●関連blog
MS Speech Server (Micrsoft)
AVSR: audio-visual speech recognition(Intel)
大規模連続音声認識エンジンJulius

|

« 大英図書館、シェークスピア作品の高画質画像をネットで公開 | トップページ | デジタルをアナログで録音し直す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1439569

この記事へのトラックバック一覧です: IBMの音声認識ソフトウェアがオープンソース化:

« 大英図書館、シェークスピア作品の高画質画像をネットで公開 | トップページ | デジタルをアナログで録音し直す »