« 「痴呆」に変わる呼称 | トップページ | H-2Aロケット、再開への道のりは・・・遠い? »

2004年9月 2日 (木)

日本 IBM、無償でハードディスク内のデータ消去ソフトを提供

 今のところ、Tinkpad A30を捨てたり中古に出す予定はありませんが、このようなデータを消去するソフトウェア「IBM Secure Data Disposal (SDD)」が提供されているというのは嬉しいですね。
IBM製品のユーザ向けという事ですが、他の製品ユーザや他のPCにも使えるのかな?
●関連記事
日本 IBM、無償でハードディスク内のデータ消去ソフトを提供(2004年9月1日)(Japan.internet.com Webテクノロジー)
●関連URL
日本アイ・ビー・エム株式会社
IBM Secure Data Disposal(SDD)(9月6日より)

|

« 「痴呆」に変わる呼称 | トップページ | H-2Aロケット、再開への道のりは・・・遠い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1342586

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 IBM、無償でハードディスク内のデータ消去ソフトを提供:

« 「痴呆」に変わる呼称 | トップページ | H-2Aロケット、再開への道のりは・・・遠い? »