« メル友の自殺を警察とプロバイダーが協力し救助 | トップページ | Winampで脆弱性を修正した5.05をリリース »

2004年8月29日 (日)

WindowsXP SP2でAMD64ビットCPUマシンに問題が出る可能性が

 SP2をインストールしたAMDの64ビットプロセッサ搭載マシンがDEP(data execution prevention)を実行する設定になっていて、Mpegport.sysドライバが必要なハードを導入している場合、再起動を繰り返す問題が発生する可能性がある。

 なぁぁぁ、、良かった未だNECのVALUESTAR TZにSP2を導入していない(^_^;
今回の不具合の回避方法は、

1.「スタート」「ファイル名を指定して実行」で「devmgmt.msc」を実行、「デバイスマネージャ」のウィンドゥが開きます。
2.「表示」「非表示のデバイスの表示」をクリックします。
3.メイン画面のツリー表示の中から「プラグアンドプレイではないドライバ」のツリーを開きます。
4.「Mpegport.sys」ドライバーを、右クリックし「プロパティ」を開きます。
5.「ドライバー」タグを開き、「スタートアップ」をディセーブル(チェックを外す?)にして「OK」をクリック
6.マシンを再起動。

 私の、NEC VALUESTAR TZでは、「Mpegport.sys」が導入されていないようでしたので、4.以降の物は確認できませんでした。また、Mpegport.sysドライバが必要なハードを導入していないと言うことですので、この問題に関しては無関係と言うことに成ります。

●関連記事
XP SP2でAMDの64ビットCPU搭載マシンに問題(2004/08/28 08:07)(ITmedia ニュース)
●関連URL
Your computer repeatedly restarts after you install Windows XP Service Pack 2(米マイクロソフト)

|

« メル友の自殺を警察とプロバイダーが協力し救助 | トップページ | Winampで脆弱性を修正した5.05をリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1304240

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP SP2でAMD64ビットCPUマシンに問題が出る可能性が:

« メル友の自殺を警察とプロバイダーが協力し救助 | トップページ | Winampで脆弱性を修正した5.05をリリース »