« 健康食品の科学的根拠を国立健康・栄養研究所が公開 | トップページ | Microsoft Works 8英語版が発表される »

2004年8月17日 (火)

WindowsXP SP2関連記事

 SP2のファイアウォール機能については、現状の機能を見る限り、初期OSインストール時に出来るだけ安全にアップデートパッチを適用したり、本来のセキュリティツールをインストールする為の一時的な物として扱うのがよいと思います。
 また、米マイクロソフトが、手動でセキュリティの設定を行う必要なのあるソフトのリストと対応手順を公開しました。がんばっていると思います。日本では、公開日の関係もあり、そのリストがそのまま適用される訳ではないと思いますが、参考には成るでしょう。

 WindowsUpdateへの登録と自動アップデートによる適用延期は、企業で管理者が適用の許可,不許可の設定を利用者のPCに行う時間を稼ぐ為の物のようです。
●関連記事
○ITmedia
SP2のファイアウォール機能は、「ないよりマシだが不十分」 (2004/08/12 18:09)(ITmedia エンタープライズ)
ハッカーによるXP SP2の「脆弱性探し」が本格化(2004/08/13 10:47)(ITmedia エンタープライズ)
XP SP2 RTMリリースから1週間――互換性問題は「まだ」軽微(2004/08/13 17:17)(ITmedia エンタープライズ)
第1回:Windows XP SP2で変わるセキュリティ機能(2004/08/16 12:30)(ITmedia エンタープライズ)
XP SP2で手動対応が必要なアプリのリスト公開(2004/08/17 07:31)(ITmedia エンタープライズ)
MS、XP SP2の自動アップデートを先延ばし(2004/08/17 07:41)(ITmedia エンタープライズ)
○CNET Japan
マイクロソフト、企業顧客向けにSP2自動更新解除ツールを公開(2004/08/12 12:27)(CNET Japan)
「Windowsのほうが簡単に『所有』されてしまう」:セキュリティ専門家(2004/08/16 10:01)(CNET Japan)

|

« 健康食品の科学的根拠を国立健康・栄養研究所が公開 | トップページ | Microsoft Works 8英語版が発表される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1214205

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP SP2関連記事:

« 健康食品の科学的根拠を国立健康・栄養研究所が公開 | トップページ | Microsoft Works 8英語版が発表される »