« Microsoft Works 8英語版が発表される | トップページ | ミニバギー型パトカー『Q-Pod』試験運用開始:イギリス »

2004年8月17日 (火)

Windows XP Starter Edition、、選ぶ価値が無い?

 どんな機能制限が付いてくるかと思えば、実用に耐えないほどの制限で、これではStarterEditionを選ぶメリットが全くないです。主な制限は以下の通り。
・画面解像度が800×600ドットまで
・同時に実行可能なプログラムが3つまで
・1つのプログラムで使用可能なウィンドウが3つまで
・ファイル共有やプリンタ共有、マルチユーザーアカウントなどの機能が搭載されない。
 ちょっと、これでは使い道がほとんど無いと思います。また、StarterEditionから上位バージョンへのアップグレードパスもバージョンアップの手順もないので、移行も正規版の再購入、上書き再インストールで元の環境を引き継げません。
 このバージョンにより違法コピーが減少するかというと関係ないだろうなぁと思います。
●関連記事
Microsoft、低価格OS版Windows XP「Starter Edition」(8月12日)(PC Watch)
Gartner、低価格版Windows XPをこきおろす(8/14 09:21)(ITmedia)
廉価版Windows XPに「価値なし」とGartner(8/14 09:21)(ITmediaニュース)
●関連URL
ニュースリリース(マイクロソフト)

|

« Microsoft Works 8英語版が発表される | トップページ | ミニバギー型パトカー『Q-Pod』試験運用開始:イギリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1215837

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP Starter Edition、、選ぶ価値が無い?:

« Microsoft Works 8英語版が発表される | トップページ | ミニバギー型パトカー『Q-Pod』試験運用開始:イギリス »