« 宇宙開発費の不透明さ | トップページ | 解凍ソフトの脆弱性が続々と修正 »

2004年8月 2日 (月)

多数の圧縮ファイル解凍ソフトに脆弱性

 沢山の圧縮ファイルを解凍する機能があるソフトに、「絶対パスを扱える」機能の脆弱性で「デフォルトかつ無警告で絶対パスへの展開を許可する」問題があります。
窓の杜では、多数のツールを評価しているので、一読をお勧めします。
●関連URL
多くの解凍ソフトに指定外の場所へファイルが解凍されてしまう脆弱性が存在(04/07/30 20:45)(窓の杜)
 本脆弱性を修正した「Lhasa」v0.18などの解凍ソフトを使用しよう
多くの解凍ソフトに指定外の場所に解凍してしまう脆弱性(Saturday July 31, @04:16AM)(スラッシュドット ジャパン)

|

« 宇宙開発費の不透明さ | トップページ | 解凍ソフトの脆弱性が続々と修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1103295

この記事へのトラックバック一覧です: 多数の圧縮ファイル解凍ソフトに脆弱性:

« 宇宙開発費の不透明さ | トップページ | 解凍ソフトの脆弱性が続々と修正 »