« 三井ホームの新人川柳 | トップページ | Mozilla Japan設立 »

2004年8月18日 (水)

エプソン、超小型飛行ロボット発表

 今のところ、小型化で精一杯で、無線感度や姿勢制御に課題が残っているようです。
しかし、小型の飛行体は非常に難しいので凄い技術だと思います。二重反転プロペラなのも良いですね。
●関連記事
エプソン、重さ8.6gの飛行ロボット「μFR-II」を発表(2004/08/18 20:02)(CNET Japan)

|

« 三井ホームの新人川柳 | トップページ | Mozilla Japan設立 »

コメント

 せんせい、そのリンクが見えません。

 ……すいません、極小地域的パロでした。いや、うちの街で二十数年前からやってるメガネ屋のTVCMがあって、中学生らしい委員長風おさげ娘が「せんせい、その字が見えません」「おまえ、メガネの○○へ行ってこいよ」「せんせい、CMの時間じゃありませんわよ」てなやりとりが……。

 ええとなんだ、つまり、リンクがちゃんと張られていないって言いたかったのです。

投稿: やずみ | 2004年8月19日 (木) 03時41分

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0819/epson.htm

 こちらでも記事を見つけました。なんだかダ・ヴィンチのヘリのようで可愛いですね。
 しかし将来イメージの母艦発着予想図を見て、

「それは違うだろ?! やっぱそうくるなら本体はマゼラトップ型に……」

 と思ったわたしは毒されてますかねー。

投稿: やずみ | 2004年8月19日 (木) 03時48分

 やずみさん、コメントありがとうございます。
 リンクを修正しました、URLを入れ忘れていました_(._.)_
「せんせい、そのリンクが見えません。」ネタが全然判らないです(^_^;

 マゼラトップ型ですか、キョーダインを思い出してしまった私は・・・

 ところで、遭難者を捜すための機器となっていますが、もっと低価格化して、遭難者が自分の場所を知らせるツールとして使えないかな?
また、飛行ロボット同士で連携して、無線エリアを拡大したり、音声を飛ばして遭難者と会話したり。。。色々考えられて面白いです。

投稿: 神子秋沙 | 2004年8月20日 (金) 06時10分

>「せんせい、そのリンクが見えません。」ネタが全然判らないです(^_^;

 そらまあ、うちの街の民放を見たことないとまず絶対知りませんし(苦笑)
 山がありますからね。わざわざ隣の県でやることもなかろうし、まさに局地的一発ギャグ。

 キョーダイン……言われてみればですが、多分連想しなかったのは、キョーダインはミサイルなので前方に飛んでくイメージがあり、マゼラトップは垂直上昇だったからかな。

 遭難者が自分で使えないかという話ですが、たとえば動かずに脱出ルートを探すてなことには使えるでしょうけど、ガレキの山に遮られて動けない場合、ルートが見つかってもしょうがないですからねぇ。それくらいなら緊急用で長持ちする発信機などのほうが、探してもらいやすくていいのでは。

投稿: やずみ | 2004年8月21日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1224570

この記事へのトラックバック一覧です: エプソン、超小型飛行ロボット発表:

« 三井ホームの新人川柳 | トップページ | Mozilla Japan設立 »