« 地元特産が地元で入手できない? | トップページ | サッカーのこと »

2004年8月 1日 (日)

旧科学技術庁も過去に核燃コスト試算していた

 旧科学技術庁(現在、文部科学省)が直接処分と核燃料サイクルとのコスト比較を、82~92年に5件作成し、いずれも非公開資料としていたとのこと。
1割ほど核燃料サイクルの方がコスト高と成る結果で、ここでも自分の都合に合わせて資料の公開非公開を調整していることが伺われます。
 
 その、文部科学省ですが、日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構を統合し、「原子力研究開発機構」を10月に設立するそうです。
・・・これで過去の不祥事はチャラ、としたいのでしょうか?
●関連URL
旧科技庁も過去に核燃コスト試算 原子力長計改定会議(07/29 20:33)(asahi.comサイエンス)
「原研」と「核燃」が統合、「原子力研究開発機構」に(2004/7/31/03:09)(読売新聞サイエンス)
文部科学省ホームページ
日本原子力研究所
核燃料サイクル開発機構ホームページ

|

« 地元特産が地元で入手できない? | トップページ | サッカーのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1098853

この記事へのトラックバック一覧です: 旧科学技術庁も過去に核燃コスト試算していた:

« 地元特産が地元で入手できない? | トップページ | サッカーのこと »