« 美浜原発事故 | トップページ | 月刊WindowsUpdate8月号 »

2004年8月10日 (火)

JAXA、太陽光粒子 帆船の実用化試験に成功

 S-310ロケット34号機より打ち上げられ、帆の役割を果たすクローバ型薄膜の展開に成功しました。
10年以内にも50m級の帆を付けた宇宙探査機が打ち上がるかもしれませんね。
 資料は、宇宙科学研究本部の方が充実しています。
●関連記事
“宇宙の帆船”実用化へ観測用ロケットを発射(2004/8/9/21:26)(読売新聞 サイエンス)
観測ロケット:「ソーラセール」の展開実験成功(2004年8月9日 20時09分)(毎日新聞 科学)
●関連URL
宇宙航空研究開発機構|JAXA
8月9日 19:00発表・平成16年度第1次観測ロケット実験について S-310-34号機
宇宙科学研究本部|JAXA
世界で初めてソーラーセイル用の薄膜帆展開に成功(内之浦)
S-310-34号機で大型薄膜の展開実験(8月9日予定)

|

« 美浜原発事故 | トップページ | 月刊WindowsUpdate8月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1162744

この記事へのトラックバック一覧です: JAXA、太陽光粒子 帆船の実用化試験に成功:

« 美浜原発事故 | トップページ | 月刊WindowsUpdate8月号 »