« MSの開発中のウイルス対策ソフトは分散型 | トップページ | 地元特産が地元で入手できない? »

2004年8月 1日 (日)

ACCS不正アクセス事件公判は密室で

 第3回公判が7月30日、東京地裁で開かれたそうですが、非公開で傍聴人の入廷は出来ませんでした。
ACCSへの不正アクセスの手法を話した場合、不正アクセスが模倣される危険があるとのことですが、、、べつに手法なんて特別な方法ではないと思うのですけど。
どちらかというと、ACCSの主張が外部に漏れて反発を受けるのを回避したいという思惑が働いたと推測しています。
●関連URL
ACCS不正アクセス事件公判、第3回も非公開に(2004/07/30 17:20 更新)(ITmedia エンタープライズ)

|

« MSの開発中のウイルス対策ソフトは分散型 | トップページ | 地元特産が地元で入手できない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/1098783

この記事へのトラックバック一覧です: ACCS不正アクセス事件公判は密室で:

« MSの開発中のウイルス対策ソフトは分散型 | トップページ | 地元特産が地元で入手できない? »