« PCWatchでWindowsXPSP2 RC2試用レポート | トップページ | 親も子も3割は「誰かを殺したい」って? »

2004年7月 8日 (木)

フィッシング詐欺、サイト側でも対策を

 利用者側での対応は当然のことですが、フィッシング詐欺に利用される可能性のあるサイトを詐欺に利用され難いデザインにすることもとても重要で、義務ともいえると思います。
といってもそんなに難しいことではなく、「ポップアップ・ウインドウを使わない」「アドレス・バーを隠さない」「フレームを使わない」等、また、複数のアドレスを使わず一つの公式アドレスを利用する。

 そのうち、このような対策をしていないサイト運営者はトラブル派生時に責任を問われる可能性もあります。

 今回のことも踏まえ、フレームを利用したサイトの表示はさらに減っていく事になるでしょうね。
●関連URL
「“フィッシング”に利用されないようなサイト作りを」――テックスタイル岡田氏(2004/07/08)(NIKKEIBP ITPro)

|

« PCWatchでWindowsXPSP2 RC2試用レポート | トップページ | 親も子も3割は「誰かを殺したい」って? »

コメント

okdtことテックスタイルの岡田です。コメントくださってありがとうございます。いや、まさにおっしゃるとおりです。WEBの本当の意味でのセキュリティって、決して「技術的」というかプログラムなどの世界の話ではなく、実際にユーザが「安全に[secure]」使えるとの確信を与えるための説明責任(アカウンタビリティ)をどうやって果たすかだと思うんですよね。
-- http://okdt.org/blog/

投稿: okdt | 2004年7月11日 (日) 08時38分

 岡田さん、はじめまして、コメントありがとうございます。

 著者の方からのコメント恐縮してしまいます。

 説明責任に関してはその通りだと思います。特に技術に明るくない普通のユーザに対して如何に平易な言葉で説明できるかが今後の課題だと思います。
そして、安心と信用という、簡単には得ることの出来ないものを得ることが出来る又とないチャンスとも思います。

 とは言う物の、横文字で安易にユーザを煙に巻こうとする企業や政治家の多いのが、少々気になります。

投稿: 神子秋沙 | 2004年7月12日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/929912

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシング詐欺、サイト側でも対策を:

» WEBセキュリティの社会的要素 [Okdt BLOG]
先日の情報セキュリティEXPOの専門セミナーで、「WEBセキュリティ」のテーマを担当しました。その講演の報道として、日経BPにて「“フィッシング”に利用されない... [続きを読む]

受信: 2004年7月28日 (水) 19時25分

« PCWatchでWindowsXPSP2 RC2試用レポート | トップページ | 親も子も3割は「誰かを殺したい」って? »