« 国際宇宙ステーションの船外活動を再開 | トップページ | Win+IEの使用を萎縮中 »

2004年7月 2日 (金)

青い色素で発色する、青いバラ

 今まで、青っぽいバラは出ていましたが、本当に青の色素で青・・というより、青っぽいバラが出たのは初めてですね。
去年、サカタのタネがトルコギキョウという花で、青いバラそっくりの花を出したことは記憶に新しいです。
●関連URL
世界初、サントリーが遺伝子組み替えで「青いバラ」を開発(2004年07月01日 13時37分)(nikkeibp.jp/jp/medical 医療)
遺伝子組み換えで「青いバラ」 サントリーなど開発06/30 21:45)(asahi.comサイエンス)
「青いバラ」の開発に成功 サントリー(2004/06/30 16:24 更新)(ITmediaニュース)
ありえないものの象徴“青いバラ”に全く別のアプローチから迫る ブルーを含む6色のバラ咲きトルコギキョウ新シリーズ『ロジーナ』シリーズを開発(2003年2月20日)(サカタのタネ)
サントリー
Florigene

|

« 国際宇宙ステーションの船外活動を再開 | トップページ | Win+IEの使用を萎縮中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/884916

この記事へのトラックバック一覧です: 青い色素で発色する、青いバラ:

« 国際宇宙ステーションの船外活動を再開 | トップページ | Win+IEの使用を萎縮中 »