« WindowsUpdate7月先行発売号では、回避できない? | トップページ | WindowsXP SP2予定通り7/E~8/Sに提供開始? »

2004年7月 6日 (火)

匿名ではないP2Pネットワーク

 個人認証が行われている、管理されたP2Pネットワークというのも有りだと思います、まず、この分野で広がっていくかもしれませんね。
ところで、P2Pのネットワークは、各ユーザが受信者だけではなく、橋渡ししていく提供者の面を持っています。
利用者が料金だけ徴収されるのなら、自身が契約している通信資源をメーカにお金を渡して利用させて上げているという状態になってしまいます。
通信資源を提供して橋渡しに貢献すればするほど、何かしらのメリットが受けられる様にするべきですが、となると、こんどはプロパイダが通信資源を又売りされてしまっているという構図にも成ってしまいますので、微妙ですね。
匿名のP2Pは基本的に相互に無関係な問題でしたけどね。(全く無関係ではないですが・・転送を行わず受信しかしない人もいますし)
●関連URL
○Winny事件を考える
 「ビジネスP2Pは別物」――差別化図るP2P企業(2004/07/05 16:39 更新)(ITmediaニュース)

|

« WindowsUpdate7月先行発売号では、回避できない? | トップページ | WindowsXP SP2予定通り7/E~8/Sに提供開始? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/908980

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名ではないP2Pネットワーク:

« WindowsUpdate7月先行発売号では、回避できない? | トップページ | WindowsXP SP2予定通り7/E~8/Sに提供開始? »