« Win+IEに久々に危険な脆弱性 | トップページ | Corel Painter Essentials 2日本語版が発売に »

2004年6月28日 (月)

Winny関係のワークショップ

 情報処理学会と情報ネットワーク法学会か6月28日、東京電機大学神田キャンパスで「Winny事件を契機に情報処理技術の発展と社会的利益について考えるワークショップ」を開催しました。
 今後どの様に推移していくのか注意深く見ていく必要があります。

 ・・ところで、参議院選挙でこの話題を出している政党や候補者っているのでしょうか?調べてみよう。。
●関連URL
ITmedia
Winnyの暗号化は「金庫に鍵をかけ、金庫の上に鍵を置くのと同じ」
「著作権が技術の将来を決めていいのか?」
P2Pファイル交換、現ユーザーは95万人──ACCS・RIAJ調査(6/28 16:49)
「Winnyの否定は、IT立国自体の否定」
CNET Japan
弁護士から見たWinny事件の問題点とは(2004/06/28 18:28)
米上院、著作権侵害対策法案を可決--あとは下院の採決を残すのみ(2004/06/28 22:11)
IMPRESS INTERNET Watch
Winny暗号化アルゴリズムの詳細が明らかに
Winny開発者の逮捕理由「著作権法違反幇助」は正当か!?~弁護士各氏語る
“世界に誇るべきソフト”Winnyに合法的利用の未来はあるのか?
ファイル交換ソフト利用者が減少傾向、ACCSとRIAJ調査(2004年06月28日 22時34分)(nikkeibp.jp/jp/flash 注目ニュース)
情報処理学会
情報ネットワーク法学会

|

« Win+IEに久々に危険な脆弱性 | トップページ | Corel Painter Essentials 2日本語版が発売に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/861977

この記事へのトラックバック一覧です: Winny関係のワークショップ:

« Win+IEに久々に危険な脆弱性 | トップページ | Corel Painter Essentials 2日本語版が発売に »