« マイクロソフト、ToDoに関する特許を取得 | トップページ | AcrobatReader6.02差分提供開始 »

2004年6月 9日 (水)

H-2A失敗の責任でJAXA幹部を処分

 河村文部科学相が文科省で、宇宙航空研究開発機構 山之内秀一郎理事長を口頭で厳重注意。宇宙航空研究開発機構は山之内理事長ら役員6人を厳重注意処分。
 どういうことでしょうか?ニュース記事では良く判らなかったのですが、6/9に行われた宇宙開発委員会でH-2A 6号機の失敗に関しての報告書が了承された席で提言?を受けそれに対応した処置のようです。
 なんだか、なし崩し的に責任を押しつけてしまった様な気がする・・
●関連URL
H2A失敗、文科省の開発関係者の処分検討(2004/6/9/00:50)(読売新聞サイエンス)
宇宙航空機構、ロケット失敗で役員ら厳重注意処分(20:27)(NIKKEI NET)
宇宙航空研究開発機構|JAXA
理事長談話(プレスリリース)(JAXA)
H-IIAロケット6号機打上げ失敗等に関する役員の処置について(プレスリリース)(JAXA)
発表文、宇宙開発委員会報告一覧 (6/9追加)(JAXA)

|

« マイクロソフト、ToDoに関する特許を取得 | トップページ | AcrobatReader6.02差分提供開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/741043

この記事へのトラックバック一覧です: H-2A失敗の責任でJAXA幹部を処分:

« マイクロソフト、ToDoに関する特許を取得 | トップページ | AcrobatReader6.02差分提供開始 »