« 都市型災害レスキューロボ実用化へ | トップページ | ロータススーパーオフィスの新バージョンか!? »

2004年5月10日 (月)

Winny作者逮捕

 取り敢えず、ざっと集められるだけのニュースソースを記載します。
ImpressのINTERNET Watchのタイトルで、違法性を認める発言と他のニュースリソースより踏み込んだ解釈をしていますが、映画等のコンテンツを違法に交換する事を目的とする違法性を認めたのではなく、現在のネットワーク上での著作権のあり方に対して違法となる行為事を認めるという解釈の方が正確でしょう。
 私は、現行法の矛盾点を著作権管理団体や警察が曖昧な(自分たちに都合の良い)解釈の元に管理している状況に対して物理的な問題提起で実力行使だったと解釈しています。(一種のテロと捉える事も出来ますが・・)
 47氏は、Winny以外に、数多くのオンラインソフトを作成していたんですね。どれも技術レベルが高いなぁ。
 ACCSのコメントはあいかわらずACCSの責任と義務は相手になすり付け、の印象を受けます。
●関連URL
○asahi.com
Winny開発の東大助手を逮捕 著作権法違反幇助容疑(05/10 10:58)(asahi.com 社会)
「故意」の立証が争点に Winny開発者逮捕(05/10 14:51)(asahi.com 社会)
「著作権法への挑発的態度」が逮捕理由 京都府警(05/10 15:09)(asahi.com 社会)
どこまで問えるソフト開発者の責任 ウィニー逮捕の波紋(05/10 22:05)(asahi.com社会)
○ITmedia
Winny開発者、逮捕(2004/05/10 07:44 更新)(ITmediaニュース)
ACCS「今回は捜査に協力していない」(2004/05/10 12:34 更新)(ITmediaニュース)
小倉弁護士「Winnyは『中立的な道具』、罪になるかは判断が分かれる」(2004/05/10 12:53 更新)(ITmediaニュース)
ACCS「P2P悪用予見の場合は開発・配布者にも一定の責任」(2004/05/10 18:29 更新)(ITmedia)
○NIKKEI
「Winny」開発の東大助手を逮捕・京都府警(11:02)(共同)(NIKKEI NET)
○Impress
京都府警、Winny開発者逮捕~事情聴取では47氏が違法性を認める発言も(2004/05/10 13:20)(INTERNET Watch)
数多くのオンラインソフトを公開した作者が著作権法違反ほう助の疑いで逮捕ファイル共有ソフト「Winny」の開発者で、ネット上では“47氏”と呼ばれていた(04/05/10)(窓の杜)
○CNET Japan
Winny開発者逮捕、著作権法違反幇助の容疑で(2004/05/10 13:56)(CNET Japan)
Winny開発者逮捕で東京大学がコメント発表(2004/05/10 14:06)(CNET Japan)
Winny開発者逮捕でACCSがコメント発表「開発者にも一定の責任」(2004/05/10 18:51)(CNET Japan)
○その他
京都府警
Winny作者の47氏、逮捕(Monday May 10, @09:15AM の投稿)(/.J)
Winny Tipsページ
Winny Web Site(47氏のサイト現在閉鎖中)
Kaneko's Software Page(金子 勇のWebサイト)

|

« 都市型災害レスキューロボ実用化へ | トップページ | ロータススーパーオフィスの新バージョンか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/571033

この記事へのトラックバック一覧です: Winny作者逮捕:

« 都市型災害レスキューロボ実用化へ | トップページ | ロータススーパーオフィスの新バージョンか!? »