« 宇宙ステーション長期滞在要員の転属 | トップページ | みなとみらい地区に2004年秋、エンターテイメント施設が完成 »

2004年5月20日 (木)

車の廃熱で発電

 「人とくるまのテクノロジー展」で東芝よりエンジンの廃熱を利用して発電するモジュールが展示されています。
仕組みは、自作PCの冷却でも使われているペルチェ効果の逆、ゼーベック効果を応用したものです。
ゼーベック効果は、2つの異なる金属間に温度差がある場合金属間に電圧差が発生し電流が流れるというものです。
 車のエンジンの廃熱は今まで無駄に大気に排出していたものですか、有効活用される日も近いかもしれませんね。
●関連URL
クルマの廃熱で電力不足解消――東芝の熱電モジュール(2004/05/20 00:05 更新)(ITmedia LifeStyle)
東芝 電力・社会システム社
自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展」

|

« 宇宙ステーション長期滞在要員の転属 | トップページ | みなとみらい地区に2004年秋、エンターテイメント施設が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/626891

この記事へのトラックバック一覧です: 車の廃熱で発電:

« 宇宙ステーション長期滞在要員の転属 | トップページ | みなとみらい地区に2004年秋、エンターテイメント施設が完成 »