« キヤノンEOS Digitalブラックバージョン発表 | トップページ | JAVA Developer Webマガジン化正式発表 »

2004年4月 9日 (金)

メール送信者詐称問題について

 最近流行っているウイルスやワームは、感染したメールを送信するのに送信者を詐称します。
その送信者の詐称を防ぐ手法は幾つか有るのですか、その一つがマイクロソフトから発表され普及に力を入れだしています。
送信者の確認をするには、個人のPCでのクライアントソフトの対応だけではなく、サーバー側での対応が必要になるので、普及には時間がかかるでしょう。どの仕様がメインで使われる様になるのか判りませんが・・
でも、普及しだした時が(このままバージョンアップが無いのなら)Datulaから離れる時かな?
●関連URL
ウイルスを送った犯人は「私じゃない!」(2004/04/05 20:03 更新)(ITmediaコラム)
マイクロソフト、詐称メールを防止する「メール送信ID」普及へ国内活動(2004/04/08 19:12)(INTERNET Watch)

|

« キヤノンEOS Digitalブラックバージョン発表 | トップページ | JAVA Developer Webマガジン化正式発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/414920

この記事へのトラックバック一覧です: メール送信者詐称問題について:

» ウィルス警告メールが迷惑メール化している [ごんざぶログ]
先週くらいから、ウィルスが激増しています。わたしの所にもたくさん来ているようです [続きを読む]

受信: 2004年4月 9日 (金) 09時06分

« キヤノンEOS Digitalブラックバージョン発表 | トップページ | JAVA Developer Webマガジン化正式発表 »