« ノートンインターネットセキュリティの日本語版パッチ供給開始 | トップページ | JIS漢字コード表改正についてのコラム »

2004年3月30日 (火)

さぁ、人柱のお時間です。

 ちょっと、ブラックジョークなタイトルかな?
 マイクロソフトより、WindowsXP SP2のRC1の提供が開始されました。けど、普通のユーザは手を出すべきではありません。
秋沙としては、最低限2台以上PCを持っていて、リカバリー体勢が万全で、問題が発生した時に何が問題かを切り分けられるだけの能力がある人が取り敢えず使ってみる様な物だと思います。
もしくは、お仕事で仕方なく、ですね。
 趣味の人は止めません(^-^;
 秋沙は、、、その内入れて見るかも(爆)

 追記、INTERNET Watchの記事を読むとタブレットPCのペン認識の向上が期待できる様で260MBを頑張ってダウンロードしたいタブレットPCユーザが続出するかも。
●関連URL
マイクロソフト、日本語版Windows XP SP2のRC1を公開(IT Pro)
マイクロソフト、Windows XP SP2 RC1をベータテスタ向けにリリース(Enterprise Watch)
マイクロソフト、Windows XP SP2 RC1をリリース(INTERNET Watch)
マイクロソフト、テストを目的とした「Windows XP」SP2 RC1の日本語版を公開(窓の杜)
マイクロソフト、Windows XP SP2 RC1をリリース(PCWatch)
Windows XP SP2、日本語版RC1を公開(ITmedia)
Microsoft(R) Windows(R) XP Service Pack 2 Release Candidate 1(RC1)の概要について(Microsoft)
○Windows XP Service Pack 2ダウンロード(Microsoft TechNet)
 http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/winxppro/sp2preview.mspx

|

« ノートンインターネットセキュリティの日本語版パッチ供給開始 | トップページ | JIS漢字コード表改正についてのコラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/372817

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、人柱のお時間です。:

« ノートンインターネットセキュリティの日本語版パッチ供給開始 | トップページ | JIS漢字コード表改正についてのコラム »