« ウイルス「WORM_BAGLE.A」が蔓延中? | トップページ | 「新」サンシャインプラネタリウム、3月に開館 東京(01/19 16:40)(asahi.comサイエンス) »

2004年1月19日 (月)

フィリピン沖海底でH2A固体補助ロケットの破片を確認(asahi.comサイエンス)

 フィリピン沖海底でH2A固体補助ロケットの破片を確認(01/19 20:41)(asahi.comサイエンス)
フィリピン沖の深度約6000メートルの海底で、大型固体補助ロケット(SRB)の破片とみられる物体をテレビカメラで確認した
 凄いなぁ、6,000メートルの海底で破片を見付けるのって、とんでもなく確率が低いと思っていましたが、発信装置でも生きていたんでしょうか?
これで、原因となる部品を特定できたら大金星ですね。

|

« ウイルス「WORM_BAGLE.A」が蔓延中? | トップページ | 「新」サンシャインプラネタリウム、3月に開館 東京(01/19 16:40)(asahi.comサイエンス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/116801

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン沖海底でH2A固体補助ロケットの破片を確認(asahi.comサイエンス):

« ウイルス「WORM_BAGLE.A」が蔓延中? | トップページ | 「新」サンシャインプラネタリウム、3月に開館 東京(01/19 16:40)(asahi.comサイエンス) »