« サイレントヒルのクリスマス | トップページ | 市販の永久磁石でも鉄球浮遊 »

2003年12月25日 (木)

ビレッジセンターの掲示板がユーザ認証導入

Software…ユーザサポート(ビレッジセンター)のWeb掲示板で、ユーザ認証導入することになった様です。
 今までは、事実上の匿名掲示板でしたが、こんどからは、発言に際してはソフトウェアのユーザ登録(情報)が必要になるそうです。つまり、ビレッジセンター側では発言者の個人が特定できるようになります。
@niftyでのWebフォーラムのセミオープン会議室と成る訳ですね。
その為に、購入前のユーザは発言不可となります、かなり不便ですね、購入検討している人に対してはデメリットでしょう。自由な雰囲気が売りでしたが、今後どうなるのでしょうか?
 
 で結局の所、今回の掲示板システムの大幅変更の元となったのは、ごく数名の荒らし行為の様です。
 
 変な例えですが、タバコでも車でも、ごく一部が多大な迷惑行為をした時、迷惑を被る者はたばこを吸う人、車に乗る人、その全てを迷惑を行う者と同列に見,軽蔑します。(今回の場合は掲示板自体を嫌悪する事になる)
 この弊害を絶つ為に法律やルールが設けられ、たばこを吸う人、車を運転する人に対して制限が掛けられていきます、迷惑行為は行けない事と明文化するわけですね。
余りキツい制限だと、利用者が減っていきます(タバコがそうかな)。
 
・・・悪循環だ、、、。
 結局の所はまともに管理される環境は、2つに一つ。全ての人間が義務と責任を果たす、理想的な人同志のコミニュケーション。又は、完全に個人を管理して法律,ルール,マナーを守らないものを罰する、完全管理されたコミニュケーション。
に行き着いてしまうのではないかと思います。
 今の世の中では、後者が中心にならざるえないでしょうね、そういう意味で、@niftyの運営形式自体は正しいと思いますが、利用者の敷居が高くなってしまうのは・・義務と責任を考えればしかたないのかなぁ?
取り止め無く、散漫でまとまってないけど、こんな所で。寝ます。

|

« サイレントヒルのクリスマス | トップページ | 市販の永久磁石でも鉄球浮遊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/48268

この記事へのトラックバック一覧です: ビレッジセンターの掲示板がユーザ認証導入:

« サイレントヒルのクリスマス | トップページ | 市販の永久磁石でも鉄球浮遊 »