« トーくんについて考察No.1 | トップページ | トーくんについて考察No.3 »

2003年1月27日 (月)

トーくんについて考察No.2

○トーくんのシステムのメリット/デメリット
 この仕組みのメリットですが、サーバ側システム本体があるが最大のメリットです、
・バージョンアップが容易な事
・トーくんの会話処理はサーバで行われるので利用者のPC処理能力を考慮に入れなくても良い事
・ユーザI/Fを変更する事に各種デバイスに対応可能で携帯等も可能と思われる事。
・等々。

 当然欠点もあります。メリットがそのままデメリットにも成ります。
・FlashPlayerのインストールが必須です。
・毎回クライアントプログラムをダウンロードする必要があります
 これはFlashで作られた小さなプログラムですが、サーブレットから呼ばれる際に画像なども同時に送っているらしく、ロードに時間が掛っています。低速回線ユーザには辛いでしょう。
# これは呼び出し部分のフローの見直しで対応出来ると思いますが・・・
・しくみその物の問題もあります。
 オーナーのサイトからブラウザで、トーくんサーバーのサーバプログラムを呼び出し双方向で通信すると言う事は、セキュリティ上余り良くない状況です。信頼出来るものだから良いのですが、同時に似た仕組みで利用者に不利益を与える物もあるのが事実です。その為ファイヤーフォール系のツールではこの手の処理を行うプログラムの通信を遮断する物も少なくありません。NortonInternetSecurityも遮断し、トーくんのクライアントプログラムのロードが出来ない状況になります。
・ネットワーク全体のパフォーマンスも当然関わりますが、問題となるのはロードだけで後の通信はテキストでしょうから大きな問題にはならないでしよう。
・最後に、サーバーで一括処理されている訳ですから、サーバがダウンしたり過負荷になると全てのトーくんに影響が出ます。
・等々

|

« トーくんについて考察No.1 | トップページ | トーくんについて考察No.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1129/9707273

この記事へのトラックバック一覧です: トーくんについて考察No.2:

« トーくんについて考察No.1 | トップページ | トーくんについて考察No.3 »